プロフィール

カシマ3号

Author:カシマ3号
東京某区生まれ、中央線育ち。いろんな人がいてバラエティ豊かなのが東京のいいところ。もちろんイシハラさんがきらってる人たち、たとえば外国人や同性愛者も含めて。
kaxima101@pink.livedoor.com

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/06 (Sun) 12:15
浅野選挙総括① 私たちは「現実に」勝とうとした。

「日本の進歩派の人々は、権力に抵抗する運動は必ず負けるものと信じている。確かに日本の運動は負け続けてきたかもしれない。しかしだからといって、隣国の運動に対して、これを応援しているはずの人でさえ、最後には負けるに決まっている、という目で見ているのはいかがなものか」

いつだったか、古本屋で立ち読みした講演録で読んだ韓国の知識人のことばです。講演が行われた日付を見ると、1970年代前半でした。朴正熙独裁がまさに全盛の頃です。韓国の民主化運動が、とりあえず「勝った」と言えるのは1987年のことです。

この「日本の左翼やリベラル派には根深いペシミズムがしみついている」という指摘にはハッとしました。とくに90年代後半以降、私たち(左翼・リベラル派)は、昨年よりは今年、今年よりは来年と、世の中はますます右に流れていく、自然現象のようにそれは止められないと、嘆き、抗議しつつも、どこかであきらめてきたのではないでしょうか。

こうしたペシミズムに対して挑戦し、現実に、実際に、勝とうとしたこと。これが浅野選挙の第一の意味だと思います。私たちは大胆にも、右翼ポピュリズムの最先頭ランナーとして国民的人気を誇ってきた石原慎太郎を、多数派を取り込んで倒そうとしたのです。

そもそもなぜ浅野史郎擁立だったのか。リベラルであると同時に、宮城での12年の実績によって、多くの人々が安心して任せられる行政手腕を持っていることで、幅広い層の人々に支持を得られる候補だったからです。選挙に勝てる、ということがまずは最も大事なことでした。吉田万三さんを支持したり、あるいは吉田さんを支持する気もおきないが「保守の浅野」も支持できない、などと逡巡した人々と、浅野選挙にすぐに飛び込んでいった人々との分岐は、「イシハラを現実に倒したい」という思いの分岐だったと思います。

浅野さんの立候補によってはじめて、「イシハラ打倒」はスローガンや信条の問題ではない、現実の闘いに転化しました(言いにくいことですが、樋口恵子さんのときは、実際に勝利する可能性はなかったと思います)。

あの瞬間、ぼくは、こんなチャンスが来るとわかっていたら、あれも準備しておけばよかった、これも準備しておけばよかった、と、失った可能性を数えました。そして、自分がいかに「勝つ」ことをあきらめてきたか、思い知りました。選挙の後に指摘されている「勝手連の準備不足」「立ち遅れ」は、まずは、この2月までのあきらめの総量だと思います。

しかし、この選挙のスタートとなった2月の擁立劇は、何年も前から都知事選に向けて準備してきた「東京。をプロデュース」など、政党と無関係な市民グループの努力のうえにありました。あきらめなかった人々がいたから、浅野選挙というチャンスがありえたのです。

こうした多くの人々の動きに押されて立候補を決断したとき、浅野史郎さんは言いました。
「政治をあきらめてはいけない。あきらめからは何も変わらない」と。

あきらめからの転換。抗議するのではなく、現実に勝利しようと企んだこと。このことが浅野選挙の第一の意義であり、その後の展開の前提だったと思います。総括もまず、ここから始めるべきでしょう。(今回はここまで)


◆一読をオススメしたい都知事選総括

ネット上で読むことができるいくつかの都知事選総括を紹介します。


浅野選挙総括〈2〉我々はどんな視点から総括するべきか」(まっぺん)
「RED PIPER」というHPを作って、ネット上での勝手連として大活躍したまっぺんさんによる総括。「行動した者の視点からの総括を」と、都知事選総括の出発すべき場所を強調しています。

都知事選に勝機はあった」(原仙作)
日本共産党の路線を批判的に検証する党員を中心とした人々の討論サイト「さざ波通信」。このなかの「現状分析と対抗戦略」コーナーで原仙作さんによる総括「都知事選に勝機はあった」が読めます。
彼は党員として、共産党が反イシハラ候補統一に踏み切れなかったことを批判し、あるべき共産党像を語っています。部外者のぼくには、それ自体は正直「八百屋で魚を求めても…」という気持ちですが、彼が語っている「あるべき共産党」をもう少し広い意味に読み替えれば、何かヒントを得られる文章です。

秋葉圧勝にみる、野党への教訓」(さとうしゅういち)
浅野と樋口恵子の票の差を「経済政策」に求めています。その内容自体には踏み込んでいないのですが、私たちが「現実に」勝つために依拠すべき「現実」、という視点からは、示唆するものがあります。さとうさんの文章は、他のものでも、なにか刺激されるものがあります。


スポンサーサイト

テーマ : 都知事選2007 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム | 浅野史郎事務所が赤字! >>

コメント

ヨハネさんのブログにも書いたことがあるのですが、勝つということは本当に大事なことだと思っています。記憶は定かでありませんが家元制打倒を掲げた花柳幻舟が「人民の闘いは負けてはならない、後に続くものがいなくなってしまう」と説いていたのを覚えています。「負けたけれども正しかったからいい」というのはもうたくさんです。それが敗北と分裂のスパイラルを正当化させてきた部分はあると思います。

読みました。

花柳幻舟さんの言葉、山本くんのブログのコメントで読んで、印象に残ってました。シニシズムっていろんな形で出てくるものですよね。
ところで、パソコンが壊れてしまいました。
しばらく更新できません。残念!

おっと、パソコン故障ですか。それは災難ですね…。
早い復活を待っています。

こちらに

都知事選総括メモを載せてもらいました。こちらでの本編の再開はまだ先になりそうです。
http://www.red-piper.com/

The more you certain not far from place

Thanks for the interesting and informative site. That痴 definitely what I致e been looking for.
<a href=http://sharonstout.yoyohost.com/free3136.html> free </a> <a href=http://bettyfrazier.seitenclique.net/com5979.html> com </a>

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

I like your diary. approve to be cobbers!

The site痴 very professional! Keep up the good work!
<a href=http://eorgeg.101freehost.com/for7471.html> for </a> <a href=http://eorgeg.seitenclique.net/car768.html> car </a>

気持ちよくしてあげたいのに(;_;)

"未経験の男の人のエッチって、一生懸命動いてくれて、なんだか凄く愛情を感じますよね☆
そんな時、私もがんばらなきゃ!って思うんですけど。。。

相手の気持ちよさそうな顔見てると、私すぐイってしまっちゃうんですよね。。。
今思い出しただけでも、ジュンって来ちゃってますし(///-///)

,http://bjoyq.net/pre_h/q1H7z2Ul/,13.jpg

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。